沖縄、2女+1男+オット+1匹と暮らす、日々のにっき帳。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 忙しくなって参りました | main | お夜食 >>
ニュー・シネマ・パラダイス
B00005V2JF.09.LZZZZZZZ.jpg

今さらなんですが、初めて最初から終わりまでちゃんと見ました。
「ニュー・シネマ・パラダイス」
言わずと知れた名作なんですが、うちのカレシも見たことがないようだったので、もしかしたらそういうひと、結構いるのかも。
ラストシーンはあまりにも有名ですが、それに至るまでのストーリーが心から映画の良さを教えてくれます。人生って、こんなにも輝かしいものなんだなぁ。
音楽もとても好き!
これもすごく有名なので、誰しも一度は耳にしていると思います。
夜中に見始めたら明け方になっちゃうけど、はまります!
日曜までのレンタルなので、もう一度カレシと見て、一緒に感動したいなぁ。
DVDの購入も考えてしまった1本です。
【あらすじ】
戦後のシチリアにある小さな村が物語りの舞台。村の唯一の娯楽はパラダイス座で上映される映画。この村で育つ少年トトも母親の目を盗み映画館に通い、映画に魅せられていく。映写技師のアルフレードの大きな愛情に包まれ、映画館を愛する村の人たちに囲まれトトは成長していく。資産家の娘エレナとの初恋とすれ違いによる別れを通し、故郷を後にするトト。全編、映画と人に対する愛情にあふれている。エンニオ・モリコーネの切ないメロディもこの物語の優しさをより一層引き立てている。カンヌ・グランプリ、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した不朽の名作。
ど〜もです!
最近、ぽぎゅわでさんの出没によりここに追いやられてるとかちぇふです。(笑)
「ニュー・シネマ・パラダイス」ですかぁ僕も好きな映画の一つです。
専門学校に入り立ての頃、チビ嶺先生に「好きな映画は何ですか?」と聞かれた時、「ニュー・シネマ・パラダイス」と答えた記憶があります。エンリオ・モリコーネの音楽もいいですよね!
次作?の「海の上のピアノ弾き」と言う映画も観たけど何か物足りない感じがしたなぁ

とかちぇふ | 2004/07/08 13:08
映画ネタに食い付いてきましたね?(笑)
ぽきゅでゅわ氏も相変わらずなようで・・・。
「ニュー・シネマ・パラダイス」は高校時代からの友人が、「すごくイイよ!」と言ってたのをずっと記憶はしていたのですが、中々見る機会がなかったのですよ。
たまたま、土日にツタヤで旧作半額レンタルやってたんで借りてみたんだけど。
いや〜、映画ってほんとにいいものですね。
「海の上のピアニスト」も見てみたい。

あ、あとイタリアつながりで「ライフ・イズ・ビューティフル」もいいよね。

icco@管理人 | 2004/07/08 15:05
COMMENT









Trackback URL
http://diary.chocolat.lomo.jp/trackback/264349
TRACKBACK