沖縄、2女+1男+オット+1匹と暮らす、日々のにっき帳。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日食べたもの | main | 悩みます >>
SAYURI
先週、久しぶりにダンナさんとレイトショーへ。
映画館へ行くのも数ヵ月ぶり・・・。

SAYURIの原題「MEMORIES OF GEISHA」には思わず吹き出したな〜。
初めは日本語だったのに後から急に英語になって、その後はカタコト日本語まじりの英語になったり、工藤夕貴の芸妓名(?)「おカボ」は「パンプキン」とか呼ばれてたり...ちょっと可愛そう(笑)。
忠実な日本らしさは求めてはいなかったんだけど、ところどころ笑えちゃったなぁ。
映像の美しさは絶品でした。
それにしても、うまく感情移入の出来ない映画でした。現実感がなさすぎるというか、さゆりがあまりにキレイだったせいなのか。
この映画では渡辺謙よりも役所広司が良い感じでした。英語が自然だったし、日本語のトコは日本語で発音してて好印象。
今度は「THE有頂天ホテル」見たいです。
ひたこさんもSAYURI年末みてきたよ(^▽^)/
「芸者」や「着物」「にっぽん」って言葉の印象と
いうか、イマジネーションを具現化したものとしてみたら
よく出来た映画だと思った。
でも外国人が憧れてやまない日本の「薫り」はなかったね。
実際の芸者はもっと世の中や自分に観念していただろうし
賢かったと思う。なんとなくだけど(笑)
なんていうか芸者って色香も賢さも表現していたというより体から薫っていたんじゃない?って感じ。
日本人が作ったらそこら辺はなんなく描けたと思うけど、
やっぱあの贅沢な造り方、見せ方はハリウッドだからできるんだ
よな〜と思うねー。あ、ハリポタも面白かった!
でもMr&Mrsスミスは期待以下もでも以上でもなかったなぁorz

パレットの「理想の女」は期待以上によかったよ☆
長くなりそうだからここには書かないけど(笑)
あとは「プライドと偏見」「ヴェラ・ドレイク」
「博士の愛した数式」を観る予定。(^ω^)b
ひたこ | 2006/01/16 19:22
>ひたこ
SAYURIの映像美はすごかったね。
ただ、日本人にしかわからない「ワビサビ」的なものがもうちょっとあると良かったかな〜。まぁハリウッドにそこまで期待するのは無理があるか(笑)
ミシェル・ヨーが意外にもハマッてて良かったなぁ。
Mr.&Mrs.スミスは話題性だけで見てみたいと思ってたんで今回は見送りかな。DVD出たら見ましょうっと。
理想の女も見たかったけど終了しちゃったかな。
う〜ん。。

それにしても、こうやって映画館へ行けるのもあと数ヵ月なんだな〜と思うと今のうちに見たいものはチェックしておくべきだねえ。
今までみたいに気軽に平日おでかけ出来なくなってきてるけど、今度何か見に行こう〜。
「博士の愛した数式」私も見たいと思ってた♪
icco | 2006/01/17 12:02
今日はパレットで「プライドと偏見」みてきたよ。
恋愛と愛の本当が無駄なく描かれた秀作でした。
何がいいって、惹かれ合う恋の始まりに理屈(理由)が
ないっていうことのリアル(笑)
物語のエピソードで恋が進むんでなく、お互いの気づきと
成長で己の中の愛を知っていくリアル。
「理想の女」と今回の「プライドと偏見」は心くすぐる
ひたこ的ヒット作品だね〜
あとは「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
「ヴェラ・ドレイク」は絶対観に行くつもりー
プルーフ・オブ・マイ・ライフ興味あったら一緒観る?
ひたこ | 2006/01/18 22:04
>ひたこ
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」面白そうだね〜。王様のブランチとかで紹介されてたのを見た気がする。グウィネス・パルトロウ好きだし。
「プライドと偏見」も気になってたけど、この頃映画館から離れてたからどうせ行けないはずと思って欲望を抑えておりました(笑)
「理想の女」は金曜で終わりなんだね。
観にいってみようかな〜。ダンナさんが金曜飲みに行くことが多いので、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」も来週の金曜あたり行ってみようか?
icco | 2006/01/19 10:36
COMMENT









Trackback URL
http://diary.chocolat.lomo.jp/trackback/394208
TRACKBACK