沖縄、2女+1男+オット+1匹と暮らす、日々のにっき帳。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1カ月ぶり日記 | main | 推定2684g(36w5d) >>
ホテル・ルワンダ
またしても1カ月ほど空いてしまった・・・。
というのも、5月の頭からしばらくネットが不通だったこともあり。
ISDNからBフレッツへ変更いたしましたところ、さくさくと快適なネットライフを送っております。

そんなこんなで臨月のでかい腹を抱え、久しぶりにバスにゆられて桜坂劇場へ。
出産まで1カ月をきっているので少し緊張しながらも、坂をふうふういってたどり着いた映画館。
すでに予告編が始まってしまっていたけれど、最終日だからどうしても観ておきたかった。

「ホテル・ルワンダ」
あまりにも衝撃的な知られざる事実。
ショックだった。
人種差別・民族間紛争の果ての大量虐殺。
女・子供・老人・・・、種族根絶のために無差別に殺されてゆく人々。
それを目の当たりにしたジャーナリストが、あまりにもショッキングな惨殺シーンをカメラにおさめるけれども、
「世界の人々は、この映像を見て『怖いね』というだけで、ディナーを続ける。彼らにとっては『世界のどこかで起こっている出来事』にすぎない」
そのセリフにちくっと胸が痛む。
救いようのない世界に、目を覆いたくなるけれど身じろぎもできないくらい釘付けになっていました。

すごーく身につまされる。
人種差別とか、内紛とか、別世界の話だと思って見過ごしてる。見て見ぬ振りをしてる。
もし私が、その渦中にいたならば、どの国からも見放され絶望するしかなかったろう。
100日間で100万人ものルワンダ人が虐殺されたこの事件は、アメリカでもフランスでも黙殺されていたという。
彼らが「アフリカ人」で救う価値がないから、と。

命の重さは平等なのに。人種差別が生まれるのはなぜだろう。
なぜ同じ国の民族が殺し合いをしなくてはならないのだろう。
「なぜ」という想いがあふれてきて、涙が止まらなかった。


今日で最終日だと新聞に書いてあったけど、追加上映が決まったみたいです。
でも、映画館へ行くことが出来なくなる前に観ておいてよかったー。
まだ観ていない方は、ぜひ。
トラバ返しありがとうございました。それと、追加上映情報もありがとうございます。
iccoさんもよくKeWLに行かれますか?いいですよね。美味しいし、お洒落だし。
私の住まいは「Zuppa」の近所ですが、まだ行ったことがありません。イケメンという言葉にも惹かれたし、是非近々行ってみようと思います。
524mania | 2006/06/04 23:11
久しぶり
自分は5月いっぱいでお仕事も終わり、いちお
受験生モードだけど去年同様にぜんぜーん手応え
ない知識量で自分に白けるわ…マジ。

映画といえば「嫌われ松子の一生」を珍しく男友達
とみてまいりましたよ。
この映画、邦画史に残る秀作と思われる(笑)
映像、音楽、ストーリーどれをとっても素晴らしい。
みっともなくても愛があれば人は隣人の神にもなれる
と痛感。生きる勇気がわく。
殺されるシーンですら美しく夢があった。
ぜひ観てみて〜♪
ひたこ | 2006/06/05 16:45
>524maniaさん
お住まいZuppaの近くなんですか〜。
ダンナさんの友人の弟さんがやってるお店です。
私も結局1回しか行ったことないんですが、美味しかったですよ〜。
KeWLは会社ぐるみでのお付き合いで、良く飲み会の2次会なんかで利用します。ラーメンが美味しいですよねー。
サッカーを観るなら、パラダイス通りの「Campnou」もおススメですよ♪
http://campnou.net/
オーナーさんが友達なのですがとても気さくな方です。

>ひたこ
お久しぶりー。5月で終わったの?今はじゃあ仕事してないわけー?
産休入ってからちょこちょこ映画は観に行ってたけど、出産間近になって観たい映画が続々と出て来たわー。「嫌われ松子」も、多分私の好きなジャンルだはず。(男友達って気になるわー)おすぎはあまり褒めてはいなかったけどね〜(笑)
今、車がないのでバスで行けない範囲には出かけられないわけ。
今週はパレットでやってる「ナイロビの蜂」を観ようかと思ってるところ。
もうすぐ、育児に振り回される日々がやってくるかと思うと、映画観ながら「これが最後かも・・・」なんて毎回しんみりしちゃうさー。
icco | 2006/06/06 01:15
COMMENT









Trackback URL
http://diary.chocolat.lomo.jp/trackback/487140
TRACKBACK
桜坂劇場で「ホテル・ルワンダ」を観てきました。 映画の内容についてはとくに触れませんが、 「口先だけでキレイ事を言っててもダメ、行動にうつす勇気が必要。しかもその勇気は本物でないと、もろく崩れてしまう。たった一人でも、本物の勇気を持った人がいれば、そ
ホテル・ルワンダ | 大好き♪ | 2006/06/03 16:33
1994年のフツ族によるツチ族の大量虐殺は、過去のことと呼べるほど昔のことではありません。人類にとって教訓とすべき大きな事件だったと思います。その中で、1200人もの命を救った実在のホテルマンの話です。 高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」の支配人ポール(ド
ホテル・ルワンダ/テリー・ジョージ | 文学な?ブログ | 2006/06/23 02:57
さるおです。 『HOTEL RWANDA/ホテル・ルワンダ』を観たよ。 監督・製作・脚本は『IN THE NAME OF THE FATHER/父の祈りを』のテリー・ジョージ(Terry George)。 出演はポール・ルセサバギナ役に『CRASH/クラッシュ』のドン・チードル(Don Cheadle)、ポールの妻タチアナ
映画鑑賞感想文『ホテル・ルワンダ』 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー | 2006/09/21 10:28