沖縄、2女+1男+オット+1匹と暮らす、日々のにっき帳。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神のグラタン | main | 人と人 >>
「天国からのエール」
 FM沖縄さまの試写会に当選したので、「天国からのエール」を鑑賞してきました。

実に、7か月間放置した当ブログ。
再開したいと思いつつも、ついつい手軽なツイッターの方ばかりやってしまい、気が付けばPC環境も変わってしまって、ログインの仕方もうろ覚え。
なんとか管理画面に入れたわけで、せっかく当選したので試写会の感想を忘れないうちに、書いておこうと思います。

2000通あまりの応募からたったの100組という、なんとも幸運な当選はがきを手に、行ってきました。
初めての映画の試写会!

開場時間10分過ぎたころに映画館に入ると、もうすでに席はいっぱい。
前方の列しか開いてなかったので、ひとりはしっこの席へ。
映画が始まる前に、「スクリーンへの招待」でおなじみの安谷屋真理子さんが司会をつとめ、「天国からのエール」にまつわるお話をされました。

出演された方がゲストで登場するのでは!?
という期待もありましたが、残念ながら阿部ちゃんは登場せず。
ただ、映画のモデルとなったあじさい弁当の仲宗根陽さんの奥様、現あじさい音楽村の代表を務める美智子さん(劇中ではミムラさん演じる)がご挨拶をされました。

阿部さんの人柄や撮影の背景に触れ、腕が動かなくなるまでゴーヤーチャンプルーの鍋ふりを練習し、撮影にはマイ鍋で挑んだとか。で、髪型も実際に仲宗根さんが行っていた床屋さんでパーマをかけてもらったとか。
そんな話を聞くと、実際のそのシーンを見ると、なるほど!
様になってましたね〜。髪型にも注目です。ほんとに役者さんてすごいです。
(阿部さん大好きな役者さんです♪)
奥様の役を演じたミムラさんとは、あいさつを交わす程度で、あとで聞くと阿部さんのサポート役に徹するために美智子さんを意識しないように気を付けていらしたようです。

さて、作品についてですが。

「ニーニー」演じる阿部さん、実にはまってます。
不器用な性格、ぶっきらぼうな優しさ、熱血漢、コミカルな表情も見せたり。
イントネーションは北部なまりを意識したアクセントでなかなかに細かい指導が入ったのかな?と思いました。

それから、スクリーンに映し出される本部の町並みや、伊江島たっちゅー。
国道58号線を走るシーン。

何より、FM沖縄のリスナーには楽しめるポイントが多々あり。
ラジダブのまあちゃん、リポーズの仲座先輩もちょこっと出演されていて、
「おおっ!!聞きなれた声!」と思ったり、
見慣れたFM沖縄の玄関前、駐車場、ギャラリースペース、そして初めて見るオフィス!
実際に社員が使っているそのままの雰囲気を撮っているという裏情報を得ていたので、
なんだか演技よりもそっちの方が気になってしまい、机の上に置かれた書類や、小物類が気になって、ここが局長のデスクだろうか?又吉里香嬢のデスク?と違うポイントばかり見てテンションあがってしまいました(笑)

あと、主演の女子高生アヤ役の桜庭ななみちゃん、かわいいです。
十代らしいむっちり感といいますか、ちょっと前の長澤まさみっぽい雰囲気。
叫びながら走るシーンで、お?この子はかなりカワイイと思いましたね。
細すぎず、丸みがあって。歌うシーンも光ってました。
(あと、友達役で出てたヒガリノちゃんにも注目☆)
後半にすすむにつれ、涙なくしては見られないシーンも多いのですが。
ラストのライブシーンは思わず映画だということを忘れそうでした。
自然に拍手が出そうになったほど。

ひさしぶりに、どっぷりひとりで映画鑑賞できた贅沢な時間。
幸運なことに、とてもいい映画の試写に参加でき、
心が浄化された気分で長々と書き走りました。

この感動を忘れないうちに。

ひたむきに夢を追う若者たちへのエール。
私も、将来彼らを支えられる大人になりたい。と。

そう思える映画でした。

■公式サイト
『天国からのエール』10月1日(土)全国ロードショー 
COMMENT









Trackback URL
http://diary.chocolat.lomo.jp/trackback/870592
TRACKBACK